HOME>札幌スイーツ特集>Z:cCot(ズコット)のさっぽろハスカップフロマージュ

Z:cCot(ズコット)のさっぽろハスカップフロマージュ

Z:cCot(ズコット)のハスカップの甘酸っぱさが◎のさっぽろハスカップフロマージュを食べてみました。

Z:cCot(ズコット)のハスカップの甘酸っぱさが◎のさっぽろハスカップフロマージュ

毎年札幌で開催される、さっぽろスイーツコンペティションにおいて2009年グランプリを受賞したのが、今回試食したZ:cCot(ズコット)のさっぽろハスカップフロマージュです。ハスカップの爽やかな酸味と鮮やかなルビー色の色彩が際立つスイーツのお味はいかに?ちなみにフロマージュとはフランス語で「チーズ」の意味。

Z:cCot(ズコット)のハスカップの甘酸っぱさが◎のさっぽろハスカップフロマージュ

北海道を代表する果実、ハスカップはブルーベリーに似た味を持つ。鮮やかなルビー色がなんとも食べるのがおしい感じ。「SAPPORO」とプリントされたプレートと、花びらのようなこれはチョコレートかな?

Z:cCot(ズコット)のハスカップの甘酸っぱさが◎のさっぽろハスカップフロマージュの全体画像

箱から出した瞬間から漂う、ハスカップの爽やかな香り

Z:cCot(ズコット)のハスカップの甘酸っぱさが◎のさっぽろハスカップフロマージュにフォークをいれるところ

さて、いよいよフォーク入刀であります!

Z:cCot(ズコット)のハスカップの甘酸っぱさが◎のさっぽろハスカップフロマージュ

軽やかなにフォークがはいっていき、今度はチーズの香りが漂います。この「さっぽろハスカップフロマージュ」は北海道産のクリームチーズ、サワークリーム、ブルーチーズ、カマンベールチーズという4種のチーズが使用されているそう。

Z:cCot(ズコット)のハスカップの甘酸っぱさが◎のさっぽろハスカップフロマージュをフォークですくったところ

うーん、この色たまりません!では試食!・・・とその前に断面図をば

Z:cCot(ズコット)のハスカップの甘酸っぱさが◎のさっぽろハスカップフロマージュの断面画像

ふんわりとしたチーズムースの真ん中にあるのはこれまたハスカップを使用した焼きギモーヴ、ホワイトのチーズムースの中にピンク色のギモーヴがアクセントになっていて○。一番下は固めのクッキー生地。

ちなみにギモーヴとはマシュマロのこと。では今度こそ試食いってみましょう。

Z:cCot(ズコット)のハスカップの甘酸っぱさが◎のさっぽろハスカップフロマージュの味感想

ふわふわなチーズムースの食感、もちろんムース自体の深い味わいがなまらうまい!4種のチーズが使用されているからこそこれだけの深い味が出せるのかな。ハスカップのソースは本来の爽やかな酸味とほのかな甘さそのままといった感じでムースの相性が抜群!なまらうまい!表面の花びらのようなものはなんと!ゆりの根でした、ほくほくとした食感とゆり独自の風味がこれまたアクセントになっています。

さっぽろスイーツコンペティションにおいて2009年グランプリを受賞した作品は札幌市内の洋菓子店で販売されます。まったく同じレシピというわけではなく「北海道産ハスカップを使用する」「北海道産チーズを使用する」「さっぽろスイーツ2009、さっぽろスイーツ、SAPPOROいずれかの文字がプリントされたプレートを使用する」という3つの基準を満たせば、後は洋菓子店ごとの工夫は自由!店舗ごとに違った「さっぽろハスカップフロマージュ」を楽しめます。食べ比べてみるのもおもしろいかも。販売店は下記リンクから。

 

商品名 さっぽろハスカップフロマージュ
販売場所 ※閉店
価格 440円
公式HP Z:cCot(ズコット)
関連リンク スイーツ王国さっぽろ
このページのトップへ戻る