HOME>札幌スイーツ特集>菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」

菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」

菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」を食べてみました。

菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」

口の中で優しく溶けるまるで雪どけのような食感がテレビ、雑誌などで話題となった菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」を食べてみました。morimotoのグループ会社のためmorimoto各店で購入可能。

菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」商品説明

4つの味を凝縮した究極のおいしさ

①ふんわりとろける生クリーム(うっすら降り積もった新雪)

②まろやかで濃厚なベイクドタイプのクリームチーズ(大地に積もった雪の層)

③当店こだわりの山葡萄ジャム(雪の下で春を待つ草木の芽)

④ザクザク感を出したパートシュクレ(豊かな恵みをたたえる大地)

※()内は商品名の由来を表しています。

菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」原材料名

原材料はクリームチーズ、生クリーム、バター、小麦粉、牛乳、砂糖、卵、アーモンドプードル、レモン、ピーカンナッツ、ブルーベリー入り山ぶどうジャム、ゼラチン、シナモン、食塩、膨張剤、香料

(ピーカンナッツは胡桃に似た脂肪分が多いナッツのことピカンナッツともいう)

菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」箱から出すところ

冷凍の状態で販売されているので、食べる際に解凍が必要。おいしい食べ方として「濃厚な味がお好きな人は完全解凍で」「アイス感覚のミルキーな味をお好みの方は半解凍でお楽しみください」と2通りの食べ方が箱に印刷されています。

菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」全体画像

今回は完全解凍して試食、ふんわりとした生クリームとベイクドレアチーズの組合せは食べなくても想像できるこれ以上ない組合せ

菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」手にもったところ

上から生クリーム、ベイクドレアチーズ、山葡萄ジャム、パートシュクレ(タルト生地)の層

底のパートシュクレはシナモンの効いた香ばしく、食感がよく、なめらかな生クリーム、ベイクドレアチーズとの相性は抜群

菓子司 新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」味感想

「ふらの雪どけチーズケーキ」とだけあって、口の中で優しくとける生クリーム、ベイクドレアチーズはさすがです。山葡萄ジャムはあまり感じられなかったかな。底のパートシュクレはシナモンが効いていて◎

 

商品名 ふらの雪どけチーズケーキ
販売場所 morimoto各店
価格 210円
公式HP 富良野の菓子工房 菓子司 新谷
関連リンク
このページのトップへ戻る