六花亭の「北の山里」

六花亭の大粒の甘く煮た栗が一粒ごろんとはいった「北の山里」を食べてみました。

六花亭の大粒の甘く煮た栗が一粒ごろんとはいった「北の山里」

北海道帯広市に本社を構える、マルセイバターサンドをはじめ数々のヒット商品を生み出し全国的に知名度のある北海道を代表する菓子メーカー「六花亭」。今回は大粒の甘く煮た栗が一粒ごろんとはいった「北の山里」を食べてみました。

六花亭の大粒の甘く煮た栗が一粒ごろんとはいった「北の山里」裏の成分表

原材料は砂糖、栗蜜漬、小麦粉、小豆、牛乳、卵、みりん、バター、植物油、白玉粉、寒天、胡麻油、膨張剤

六花亭の大粒の甘く煮た栗が一粒ごろんとはいった「北の山里」の全体画像

包装を開けた瞬間に漂ういい饅頭の匂い。温泉にいって部屋に通されたときにテーブルの上にある饅頭と同じ。だって饅頭だからね こういう匂いはいつも黒糖の匂いだと思っていたんだけどはいってないんだようなあなぜだね

六花亭の大粒の甘く煮た栗が一粒ごろんとはいった「北の山里」の断面図

「北の山里」の一番の特徴は国産の着色、漂白をしていない大粒の栗がまるごとごろんとはいっているところ

写真を見てもわかるように、栗本来の淡い色がとてもきれい食欲をそそる

六花亭の大粒の甘く煮た栗が一粒ごろんとはいった「北の山里」の手に持ったところ

饅頭の生地、こしあん、大粒の栗と三層になっている

六花亭の大粒の甘く煮た栗が一粒ごろんとはいった「北の山里」の味感想

ふんわりとした深い味の饅頭生地となめらかなこしあん、そして甘く蜜漬けにした栗が三位一体となってなまらうまい!

六花亭の大粒の甘く煮た栗が一粒ごろんとはいった「北の山里」の中にはいっている栗

中にはこのくらいの大きさの栗がまるごとはいっています。そういえば先日見た某テレビ番組で茶碗蒸しの中に栗の甘露煮がいれるかいれないか云々やっていましたが僕が小さい頃には茶碗蒸しにはもれなく栗がはいっていました。これって全国的に見れば北国限定なのでしょうか。話が脱線したままレビュー終了

 

商品名 北の山里
販売場所 各店
価格 130円
公式HP 六花亭
関連リンク 六花亭の商品レビュー一覧
このページのトップへ戻る