HOME>札幌スイーツ特集>六花亭の商品レビュー一覧>六花亭の「生粉餅 帯ちゃん広ちゃん」

六花亭の「生粉餅 帯ちゃん広ちゃん」

六花亭の「生粉餅 帯ちゃん広ちゃん」を食べてみました。

六花亭の「生粉餅 帯ちゃん広ちゃん」

北海道帯広市に本社を構える、マルセイバターサンドをはじめ数々のヒット商品を生み出し全国的に知名度のある北海道を代表する菓子メーカー「六花亭」。今回は「帯広」という地名にちなんで「帯ちゃん 広ちゃん」という可愛らしいネーミングがつけられた生粉餅を食べてみました。

六花亭の「生粉餅 帯ちゃん広ちゃん」裏の成分表示

原材料は砂糖、上用粉、小豆、とら豆、米粉、植物油(綿実油)、澱粉、食塩、コーンスターチ(遺伝子組換えでない)、水飴、小麦粉

「生粉餅」がどういったものをさすのかわからずググッてみてもこの「帯ちゃん広ちゃん」のページがヒットするばかり・・・どうやらこの商品にしかつけられていない?造語なのでしょうか?

上用粉とは上新粉よりさらにきめの細かいものをいう

六花亭の「生粉餅 帯ちゃん広ちゃん」包装から出したところ

袋をあけると透明なプラスチックの容器に紅白の餅がはいっている、薄い紫色は小豆の自然の色

六花亭の「生粉餅 帯ちゃん広ちゃん」全体画像

六花亭の「生粉餅 帯ちゃん広ちゃん」白色の餅断面図

もともとは明治時代にアメリカからはいってきた品種を北海道で改良により栽培されるようになったとら豆は文字通り、豆表面の模様が虎模様から「虎豆(とらまめ)」と名がつけられた高級豆として知られています。

そんなとら豆を使用した餡が白い餅のほうにはいっています。

六花亭の「生粉餅 帯ちゃん広ちゃん」紅色の餅断面図

ほんのり紫色の餅のほうには小倉餡がはいっています。持つと少し弾力があり、やわらかい感じで食べるとなめらかもっちりと独特の食感、一口サイズで食べやすくとら豆餡、小倉餡とともに甘すぎず豆本来の味が小粒ながらしっかり感じられます。

 

商品名 生粉餅 帯ちゃん広ちゃん
販売場所 各店
価格 100円
公式HP 六花亭
関連リンク 六花亭の商品レビュー一覧
このページのトップへ戻る