HOME>札幌スイーツ特集>六花亭の商品レビュー一覧>六花亭の「コーヒービーンズ」

六花亭の「コーヒービーンズ」

六花亭の苦味のきいた大人の味「コーヒービーンズ」を食べてみました。

六花亭の苦味のきいた大人の味「コーヒービーンズ」

北海道帯広市に本社を構える、マルセイバターサンドをはじめ数々のヒット商品を生み出し全国的に知名度のある北海道を代表する菓子メーカー「六花亭」。今回はローストしたコーヒー豆をチョコでコーティングしたビターでアダルトな味(カタカナが多すぎてもう何がなんだか・・・)「コーヒービーンズチョコ」を食べてみました。

六花亭の苦味のきいた大人の味「コーヒービーンズ」裏の成分表示

原材料は砂糖、ココアバター、コーヒー豆、カカオマス、全粉乳、クリームパウダー(乳製品)、バニラビーンズ、植物レシチン(大豆由来)

六花亭の苦味のきいた大人の味「コーヒービーンズ」袋から出したところ

この手のお菓子を食べるのは初めてではなく実はコーヒーショップに行くたびにレジの脇に置いている豆をチョコでコーティングしているお菓子を買います。チョコでコーティングしているから甘いことは甘いんだけど結局コーヒー豆そのままなので苦手な人は苦手なんだろうな。

六花亭の苦味のきいた大人の味「コーヒービーンズ」手にもったところ

でもコーヒービーンズチョコなんて色々背景が思い浮かぶ他の商品のネーミングに比べるとやや直球的な感じがしないわけではない。そういえば、「ゴリラの鼻くそ」なんていう商品を発売している企業ありましたよねなんてことない甘納豆なんだけど今では全国的に人気だとか。

六花亭的にネーミングするとしたら「北海道の種」とか?

六花亭の苦味のきいた大人の味「コーヒービーンズ」ローストされたコーヒー豆

香ばしくローストされたコーヒー豆はどこのものかはわかりませんが、苦味がきいていてコーヒー好きな人はたまらないです。ポリポリなくなるまで食べ続けてしまうクセになるコーヒービーンズチョコごちそうさまでした。

商品名 コーヒービーンズチョコ
販売場所 各店
価格 70円
公式HP 六花亭
関連リンク 六花亭の商品レビュー一覧
このページのトップへ戻る