六花亭の「ひとつ鍋」

六花亭の依田勉三の句をモチーフにした「ひとつ鍋」を食べてみました。

六花亭の「ひとつ鍋」

北海道帯広市に本社を構える、マルセイバターサンドをはじめ数々のヒット商品を生み出し全国的に知名度のある北海道を代表する菓子メーカー「六花亭」。十勝を開拓した依田勉三が詠んだ句「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」をモチーフに鍋を模した最中を食べてみました。

六花亭の「ひとつ鍋」成分表示

原材料は砂糖、トレハロース、大福豆、白小豆、水飴、最中種、求肥粉、餅米、澱粉、寒天

六花亭の「ひとつ鍋」全体画像

この商品は帯広千秋庵のときに開発され販売開始された半世紀以上の歴史をもつ

六花亭の「ひとつ鍋」接写画像

晩成社を設立し北海道開拓の礎を築いた依田勉三が詠んだ句「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」は何もない北海道の原野を身体一つで開墾しようという想いがこめられている、たった一つの鍋で食事をとり大自然と勝負しようという意気込みが感じられる

六花亭の「ひとつ鍋」断面図

大福餡と餅が半々

六花亭の「ひとつ鍋」手にもったところ

六花亭の「ひとつ鍋」味感想

求肥のもっちりねっとりとした餅のなめらかな食感と大福餡の上品な甘さが見事にマッチング 最中のさくさく感もプラスされてなまらうまい。他には小倉餡、こし餡の全部で3種類

 

商品名 ひとつ鍋
販売場所 各店
価格 100円
公式HP 六花亭
関連リンク 六花亭の商品レビュー一覧

 

依田勉三シリーズ(勝手に命名)

六花亭の定番商品「マルセイバターサンド」を食べてみました

六花亭の「マルセイビスケット」を食べてみました
六花亭の藁葺きの家を模した「十三戸(じゅうさんこ)」を食べてみました

このページのトップへ戻る