HOME>札幌スイーツ特集>ノースプレインファームの生キャラメル

ノースプレインファームの生キャラメル

生キャラメルの元祖!ノースプレインファームの生キャラメルを食べてみました。

「ノースプレインファームの生キャラメル」

生キャラメルといえば全国的にはタレント、田中義剛がプロデュースした「花畑牧場」のものが有名ですが、北海道では北海道紋別郡興部町(ほっかいどうもんべつぐんおこっぺちょう)の乳業メーカー「ノースプレインファーム」の生キャラメルが元祖として知られています。

生キャラメルの特徴として、口の中に入れた瞬間から溶ける「口どけのよさ」。北海道のお土産としていまや定番となった生キャラメル、遅ればせながら初めて食べてみました。

 

今や北海道の定番お土産になった感がある「生キャラメル」そもそも「生」ってつくだけで美味しそうなイメージです。生チョコもしかり。イメージなのかな?生クリームの分量が多いのが特徴の生キャラメル、口どけのよさが「生」を連想させるんでしょう。

「ノースプレインファームの生キャラメル」の箱パッケージ

円柱形箱のパッケージにはクローバーの花と蜜蜂のイラスト。これは酪農の町、興部町では蜜蜂を飼い牧草であるクローバーから蜜を採取している関係から

「ノースプレインファームの生キャラメル」の箱裏面

原材料は生クリーム、砂糖、水あめ、蜂蜜、無塩バター、バニラビーンズ

賞味期限は約1ヶ月ほど、常温では溶けてしまうので冷蔵庫での保存が必要

「ノースプレインファームの生キャラメル」の箱を開けたところ

箱をあけるとリーフレットが同封されている「やさしい口どけの生キャラメル」1箱に10粒ほど

「ノースプレインファームの生キャラメル」リーフレット

同封されているリーフレットには以下の文章が書かれている

「北海道の北、オホーツク海を望酪農の町、興部町。

この地に開拓の鍬が入ったのが今から約100年前でした。

稲作、畑作は、凶作、冷害の連続でした。

どん底から酪農が導入され牛に牧草を食べさせ、乳、肉に

蜂を飼い、牧草であるクローバーから蜜をとることを考えたのです。

生キャラメルは、そんな乳と蜜を小さな銅鍋コツコツと真心を込めて造り上げました。

やさしい口どけ、広がる豊かな風味を心ゆくまでお楽しみください。」

ノースプレインファームの生キャラメル

口の中に放りこんだ瞬間に溶け出すまさに「やさしい口どけ」これは通常より生クリームの量が多いため口の中であっという間にとけてしまう。キャラメルはカラメルに生クリームという非常にシンプルなお菓子、それだけ素材の良さがわかりやすい。

ノースプレインファームのキャラメルは濃厚なおこっぺ牛乳、道産の蜂蜜を使用した素朴で優しい味に仕上がっています。表面に見える黒い粒はバニラビーンズ、ふわっと口の中に広がるバニラの香りもまたアクセントになっている。購入可能場所はJR札幌駅北口のどさんこプラザ入口、ノースプレインファーム札幌店で

 

商品名 生キャラメル プレーン
販売場所

ノースプレインファーム札幌店

北海道札幌市北区北6条西4丁目JR札幌駅西コンコース北口

価格
公式HP ノースプレインファーム
サイト内紹介ページ
このページのトップへ戻る