HOME>札幌スイーツ特集>La Pomme Verte(ラ・ポムベール)のキャラメルムース

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)のキャラメルムース

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)のキャラメルムースを食べてみました。

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」

もともとはホテル「ロテル・ド・ロテル」内のティーラウンジとして始まった洋菓子店「La Pomme Verte(ラ・ポムベール)」札幌市内に3店舗、丸井今井一条館2Fのカフェ・ド・ラ・ポムベールでは店内で各スイーツを頂くことができる。

今回はキャラメルムースを食べてみました。キャラメルのほろにがさとふわっと溶けるムース特有の口どけがなまらうまいスイーツでしたよ。

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」の箱をあけるところ

ムースとはフランス語で「泡」の意味、文字通り泡のような軽いふわふわ、なめらかな口どけが特徴のお菓子

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」ショップカード

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)はフランス語で「青い林檎」の意味。ショップカードにはりんごのイラストがデザインされています。

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」の外観

円柱形の可愛らしいムース、箱を開けると香ばしいキャラメルの匂いがただよう

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」の接写

アーモンドとマカダミアナッツ、細かく砕いたナッツが入った苦味のきいたキャラメルソースがかかっている

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」の外観

周りのシートを形を崩さないようにそーっとはずしていきます。がさつなワタクシ、今まではたいていこの手ののケーキは崩していたんですがこのコーナーを始めてから丁寧にシートをはずすことを覚えました。

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」の周りの包装をはがしたところ

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」フォークをいれる

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」断面図

中はそのままムーズだけかと思って、おもむろにフォークをいれてしまいました・・・失敗した。中からはフルーツとチョコレートクッキーのようなものがお目見え、撮影するためにちゃんと綺麗にナイフでカットします。

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」綺麗な断面図

お待たせしました、こちらが綺麗なキャラメルムースの断面図です。底にもチョコレート生地がしかれて2層になっています、その間にフルーツのカットがごろんとはいっています。

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」

待ちにまった試食タイム!いただきます!ムースのなめらかでふわふわの食感の中にキャラメルの甘さがたまりません、上にかかった苦めのキャラメルと細かく砕かれたナッツのこおばしさがプラスされてなまらうまい!中にはいっていたチョコレートスポンジで、とはいってもスポンジよりしっとり弾力があるのでスポンジじゃないのかなと思っていたらLa Pomme Verte - ラ・ポムベール オフィシャルホームページ-に答えがのっていました。中にはいっていたのはチョコレートのダックワーズというものだそうです。

ともかく、ムースとこのダックワーズの2種類の食感の違いがまたアクセントになっておいしいです、洋梨の酸味もグー。

La Pomme Verte(ラ・ポムベール)の「キャラメルムース」味の感想

見た目、味ともに最高、白桃の形が気になったくらいかなあ。それにしても職人の緻密な計算の一端がこうやってレビューしていると気付くものですね。

 

商品名 キャラメルソース
販売場所

各店

価格

380円

公式HP La Pomme Verte - ラ・ポムベール オフィシャルホームページ-
サイト内紹介ページ
このページのトップへ戻る