HOME>札幌スイーツ特集>「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」のどら焼き

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」のどら焼き

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」のどら焼きを食べてみました。

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」のどら焼き

創業明治39年という老舗の和菓子店、月寒あんぱんで有名な「月寒あんぱん本舗ほんま」の新ブランド「和菓子処 寒月」の中華饅頭を食べてみました。月寒あんぱんが有名ということで、あんぱん目当てにマルヤマクラス店に行ったのですが見当たらず別のものを購入しましたが実は・・・

私が月寒あんぱんの特徴を知らなかったため目の前にあるにもかかわらず見過ごしてだけでした。月餅に似たあんぱんというより饅頭の形をした特徴のある月寒あんぱんのレビューはまた次回に。

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」のどら焼きの裏の成分表示

原材料は小豆粒あん、小麦粉、鶏卵、砂糖、味りん、植物油、蜂蜜、日本酒、しょうゆ、膨張剤(原材料の一部に乳、大豆を含む)

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」のどら焼きの全体写真

この綺麗な焼き色の生地がいかにも美味しそう

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」のどら焼きの断面図

あんは粒餡、ふっくり焼き上げられた生地はしっとりしていて蜂蜜のいい匂いがふわっと香る

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」のどら焼きを手にもったところ

生クリームやフルーツがはいっているワッフルのようなどら焼きも世の中にはありますが、蜂蜜のいい匂いのカステラ生地と餡の王道どら焼きのほうが好きだなあ。生地がなまらうまい!粒餡とのバランスもちょうどよし!

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」のどら焼きの味感想

熱いお茶をずずっとすすりながら食べるとさらにうまい!次は月寒あんぱんのレビューをします。「和菓子処 寒月」では中華饅頭、どら焼きの他にも大福もあります、もちろん月寒あんぱんも購入できます。

ご来店カードを発行しており、このカードは1日1回来店し購入ごとに1個捺印され6個たまると10%の割引券として利用できます。

 

商品名 どら焼き
販売場所 マルヤマクラス店
価格 150円
公式HP 札幌名物「月寒あんぱん」本舗 株式会社ほんま
関連リンク

 

定番和菓子!どらやき試食レビュー一覧

四季のフルーツを使用した和菓子が有名な宗家 源 吉兆庵の津弥(つや)を食べてみました

六花亭のこだわりの小豆餡が美味しい「どらやき」を食べてみました

創作どら焼きが数十種類!福楽菓(ふくらか)のどら焼きを食べてみました

このページのトップへ戻る