HOME>札幌スイーツ特集>「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」の中華饅頭

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」の中華饅頭

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」の中華饅頭を食べてみました。

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」の中華饅頭

創業明治39年という老舗の和菓子店、月寒あんぱんで有名な「月寒あんぱん本舗ほんま」の新ブランド「和菓子処 寒月」の中華饅頭を食べてみました。月寒あんぱんが有名ということで、あんぱん目当てにマルヤマクラス店に行ったのですが見当たらず別のものを購入しましたが実は・・・

私が月寒あんぱんの特徴を知らなかったため目の前にあるにもかかわらず見過ごしてだけでした。月餅に似たあんぱんというより饅頭の形をした特徴のある月寒あんぱんのレビューはまた次回に。

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」の中華饅頭の包装自

「寒月」と焼印された三日月状の和菓子、札幌市豊平区月寒東に本社もつことからネーミングされたものだろうかちなみに「かんげつ」と読む

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」の中華饅頭の成分表示

原材料は小豆練あん、小麦粉、砂糖、鶏卵、味りん、植物油、蜂蜜、水飴、膨張剤、(原材料の一部に、乳、大豆を含む)

コンビニで売っているような肉まんを想像する品名「中華饅頭」について調べてみたら、この呼称は北海道独自だそうで鶏卵、小麦粉、砂糖の生地のことを「中花種(ちゅうかだね)」といい、これが中花→中華と変化したそうですよ。ちなみに「中花饅頭」として販売してる北海道の和菓子店もあります。

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」の中華饅頭の全体写真

若干の違いはあるものの、三日月状の形はどの和菓子店も同じ。この形状にも歴史があるのでしょうか?

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」の中華饅頭の断面図

薄めの生地にこしあんがぎっしり

「和菓子処 寒月(わがしどころ かんげつ)」の中華饅頭を手にもったところ

味はうん、どら焼きと同じ、どら焼きと比べ生地の厚さ、こしあんか粒あんの違いで食感が違うくらい。棒状になっているので食べやすい。

 

商品名 中華饅頭
販売場所

マルヤマクラス店

価格 150円
公式HP 札幌名物「月寒あんぱん」本舗 株式会社ほんま
サイト内紹介ページ 和菓子処 寒月
このページのトップへ戻る