ガラナ

北海道のポピュラーな炭酸飲料「ガラナ」を飲んでみました。

ガラナエール

北海道のコンビニには大体コレがあります。北海道以外の方には馴染みがうすいであろう飲み物「ガラナ飲料」ガラナとはアマゾン原産のカフェインが含まれる果実のことで、北海道では戦後コカコーラのシェア拡大より先に定着したため現在でもポピュラーな炭酸飲料として親しまれています。

本州の人にとっていえばガラナは精力剤(赤ひげに売ってそうなやつです)をイメージし、北海道民にとってガラナは郷愁を誘う懐かしい味をイメージするガラナ飲料飲んでみました。

 

「丸善市町のガラナエール」裏の成分表

普段成分なんて見ないから気付かなかったけど、蜂蜜が入っているんですね。どうりで甘いはずだ。これがこのメーカーの特徴なのかな?色々なメーカーがそれぞれガラナ飲料を販売しているので、味の違いはあるはず、今度時間のあるときにでも飲み比べしてみます。多分しないと思うけど・・・

「丸善市町のガラナエール」のキャップ

苫小牧のメーカー「丸善市町」のガラナ飲料製品「ガラナエール」のキャップ。レトロ感溢れる字体、デザイン

「丸善市町のガラナエール」

コップに注ぐと、ガラナ特有の薬品っぽい匂いがただよいます、といってもツーンとくる感じではありません。大人になってからはそんなに飲むことはなくなったけど小学校の頃はよく飲んでたなぁ。。北海道民にとっては懐かしい匂い?

「丸善市町のガラナエール」

色はコーラに似てるが、コーラより薄くて麦茶に近いかな。さて、飲んでみましょう。ガラナ特有の少し薬品っぽい味が口の中に広がります、これがクセになるかは好みがわかれるところ。後味はコーラに比べると甘ったるさが残ります。

 

商品名 ガラナエール
販売場所 北海道のコンビニ
価格 140円
公式HP !北海道苫小牧市 丸善ストア/ガラナ・ラムネ等の通販も行っております!
サイト内紹介ページ
このページのトップへ戻る