HOME>札幌スイーツ特集>一久 大福堂の「苺小町」

一久 大福堂の「苺小町」

創業105年の老舗和菓子屋、一久 大福堂の季節商品「苺小町」を食べてみました。

一久 大福堂の季節商品「苺小町」

札幌市内に6店舗ある和菓子の老舗「一久 大福堂(いちきゅう だいふくどう)」期間限定で販売される旬の素材を使用した商品が魅力です。今回は6月から8月までの限定商品、ドライ苺のフレークを練りこんだ「苺小町(いちごこまち)」を食べてみました。

一久 大福堂の季節商品「苺小町」プラスチックの容器にはいっているところ

一久 大福堂の季節商品「苺小町」を皿にのせて撮影

生の苺がまるごとはいった苺大福はもはやありがちな商品だけど、苺のドライフルーツが練りこまれた大福は初めて。(ちなみに一久大福堂では苺大福も販売されています)

一久 大福堂の季節商品「苺小町」を手にもったところ

苺の酸味、美味しさがぎゅっと凝縮されています。想像より強く苺の存在感を感じます。ドライフルーツのせいか酸味の強い苺と餡がベストマッチ!

商品名 苺小町
販売場所 各店舗
価格 130円
公式HP 一久 大福堂
関連リンク

 

苺(いちご)を使ったスイーツ

滑らかな舌ざわり、濃厚な生クリームが特徴の洋菓子きのとや「北海道いちごプリン」

六花亭の保存料を使用していない安心のいちごジャム「いちご畑」を食べてみました

六花亭のフリーズドライの苺をチョコで包んだ「ストロベリーチョコ」を食べてみました

このページのトップへ戻る