HOME>札幌スイーツ特集>「ブルクベーカリー」のアップフェルシュニッテン

「ブルクベーカリー」のアップフェルシュニッテン

「ブルクベーカリー」のアップフェルシュニッテンを食べてみました。

「ブルクベーカリー」のアップフェルシュニッテン

札幌市内に4店舗を構える創業1977年のドイツパンの店「ブルクベーカリー」のアップフェルシュニッテンを食べてみました。アップルパイに目がないわたくし、どストライクのリピート買い必至のスイーツでした。

ブルクベーカリーは円山で人気のドイツパンの店だけあって商品名はドイツ語。「アップフェルシュニッテン」とは何?ということで軽くドイツ語講座をしましょう。「apfel(アップフェル)」は林檎、「schnitten(シュニッテン)」は四角に切り分けられたお菓子の意味だそうで、アップフェルシュニッテンとは林檎の四角のお菓子ということですね。

「ブルクベーカリー」のアップフェルシュニッテン袋から出したところ

非常に柔らかいので形を崩さないように袋からそろ~っと取り出す。ほうほう、確かに長方形に切り分けられています。ということは中に林檎が隠れているのかな。

「ブルクベーカリー」のアップフェルシュニッテンの表面

表面にはアーモンドスライスと細かく砕いたクッキーでしょうか

「ブルクベーカリー」のアップフェルシュニッテンの幾重にもなっている層

林檎を発見!下の層はこれはアップルパイですね。上の層の白いのはマスカルポーネ

「ブルクベーカリー」のアップフェルシュニッテンの断面図

層の半分以上を占めるマスカルポーネと下の層のサクッとしたパイ生地・・・ナイス組合せです!

では早速試食してみましょう。

「ブルクベーカリー」のアップフェルシュニッテンのパイ生地がとてもサクサク

ティラミスに使われているクリームチーズがマスカルポーネだったような、そもそもマスカルポーネってそんなにチーズチーズしてなかったんでしたっけ?これじゃレポートになっていませんねぇ、一個人の試食感想レビューということでふわっとお送りします。

味は見たままマスカルポーネとアップルパイ、ですが!今までアップルパイ単体で食べていたのでマスカルポーネと一緒に食べるとまた違うお菓子に大変身しています。なまらうまい!表面のクッキーも香ばしい。

ブルクベーカリーあなどれません、これは他のパン以外の商品もぜひレビューしてみなければ。

薄いパイ生地のアップルパイとやや量の多いマスカルポーネのお菓子「アップフェルシュニッテン」星三つでございます。

商品名 アップフェルシュニッテン
販売場所

BURG ブルクベーカリー 裏参道店

ブルクベーカリー 札幌円山本店

価格 179円
公式HP
関連リンク

 

ブルクのパン試食レビュー

「ブルクベーカリー」の洋酒の効いたレーズンがぎっしりのパンを食べてみました

このページのトップへ戻る