HOME>札幌スイーツ特集>牧家の白いプリン

牧家の白いプリン

北海道伊達市近郊の牧場より直送の新鮮な牛乳を使ったプリン「牧家の白いプリン」を食べてみました。

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

旧拓銀本店ビル跡地に建設された北洋大通センタービル内の商業施設「ODORI BISSE(大通ビッセ)」1Fに北海道の有名洋菓子店が集まった「ビッセスイーツ」。その中の1店、北海道伊達市に本社を持つ牧家(bocca)のコロンと見た目も可愛いプリン「牧家の白いプリン」を食べてみました。

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

原材料は牛乳、乳製品、砂糖、ゼラチン、リキュール、香料

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

蓋をあけると裏面に次の注意書きが記載「当製品は要冷蔵商品です。常温放置および温めたり凍らせたりした場合は品質が劣化します。必ず10℃以下で保管して下さい。尚、品温が10℃以上になったプリンは液状化し、割った際に内容物が飛び散る恐れがありますので、筒からプリンを取り出して必ず冷蔵庫で冷やして固めてください(目安は5℃で5時間以上)」

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

お召し上がり方の説明の記載

1、お皿の上にプリンを置き、片方の手で押さえて爪楊枝などで突いて穴を開けます。※品温が10℃以上の場合、プリンが液状になります。必ずプリンが冷えた状態で穴を開けてください。

2、破れたゴムやピンクの留め具を取り除き、お好みで付属のソースをかけてお召し上がりください。

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

おまけの牛をかたどったシール

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

付属のカラメルには可愛い牛の模様がデザイン

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

ピンクの留め具がされた模様のない水ヨーヨーのような見た目、ゴムの匂いがすると思いきや嗅いでみると牛乳のふんわりと甘い匂い

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

大きさはこのくらい

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

食べ方は爪楊枝(付属していない)でぷちっと突き刺して風船を割ります。

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

「パツッ」と小さい音がして割れた後の画像(割れるといっても中身が飛び散るわけではない)ピンクの留め具部分とゴムをしっかりとって頂きます。もっとプルプルかと思いきや意外としっかり固めですね。

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

コロンと白い球体のプリンに付属のカラメルをとろ~りかけてと。

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

フォーク入刀!おっ!意外と固めです。

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

bocca(牧家)の「牧家の白いプリン」

固さは画像を見ていただければなんとなくわかっていただけるかと思いますが、しっかりフォークで切り分けてさしてみてもこの通り。はんぺんより若干柔らかめ?といった感じ。口に入れた瞬間に牛乳の濃厚な香りが広がります。食感がこれまた不思議、とろっとしているんだけど弾力もあり絶妙です。牧家の球体プリンは今回レビューした他にも、「牧家のチョコレートプリン」「牧家のクリームカスタードプリン」の全3種類が用意されています。機会があればレビューしたいと思います。お楽しみに!

商品名 牧家の白いプリン
販売場所

Bocca

価格 420円(2個入)
公式HP 株式会社 牧家
関連リンク Bocca
このページのトップへ戻る