HOME札幌の観光>札幌市時計台

札幌市時計台

札幌市時計台のライトアップ時の様子
札幌市時計台の昼の様子

北海道の象徴として

1878年今でいう体育館として建設され、正式名称は「旧札幌農学校演武場(北海道大学の前身)」現在のように時計が設置されたのは3年後の1881年。

国の重要文化財にも指定されている建築物でかつては図書館としても利用されていたみたいです。さて札幌市時計台は札幌市街にありビルに囲まれている場所にあります。観光で初めてこられる方は雄大な自然の中に建っているというイメージがあるみたいですね。

そのせいか、札幌市時計台は日本三大がっかり名所の一つに数えられています。ですが、札幌だけでなく北海道の象徴として札幌市時計台はおなじみの顔ですよね。一度は見てみる価値は充分ありですよ。

 

 

 

アクセス

札幌市営地下鉄大通駅 徒歩5分(市役所本庁舎北隣)

マップ

付近の飲食店

関連リンク

・「札幌市時計台

・「北海道新聞 時計台ライブカメラ

・「時計大臣(真ん中の画像)」

関連ニュース

関連記事

 

 

このページのトップへ戻る