記事一覧へ

これが本当の「べこもち」だ!?

べこもち

5月5日は端午の節句、こどもの日です。この日に欠かせない和菓子は「柏餅」だけど、これは柏の葉は新芽が育つまで古い葉が落ちないことから、家系が途切れない、つまり子孫繁栄の願いが込められているからです。

 

でも北海道と青森の下北地方では、こどもの日には「べこもち」というお餅が定番です。(スーパーではべこもちと柏餅セットで売られていたりする)

 

「べこもち」といっても、青森では食紅で色づけされたカラフルな花とか松模様の金太郎飴のような餅で(参考URL:青森県商工会連合会)北海道はというと木の葉にかたどった白と黒(黒糖を練りこむ)2色のシンプルな餅という違いがあります。

 

北海道のべこもちは木の葉の形と説明しましたが、六花亭のべこもちはこんな形をしています。千秋庵のべこもち(商品名「べっ甲餅」)と似ているのは、六花亭はもともと千秋庵の流れをくむからでしょうか。

 

調べていたらちょうど北海道各地のべこもち事情が一目でわかるページを見つけたので興味がある方はご確認ください。(参考URL:「北海道のべこもちいろいろ」北のお菓子たち)どうやら「くじらもち」「かたもち」などと呼ばれている地域もあるみたいですね。木の葉の形がスタンダードのようですが、餡入りだったり、黒一色だったりとばらつきがあります。

 

「べこもち」の名の由来はというと白と黒の2色模様が牛(べこ)に似ているからなんだって。(べっ甲の色合いに似ているからとか諸説あるようです。)

 

牛の模様から「べこもち」と名付けられて、木の葉の形?それならいっそのこと牛の形にしちゃおうよ。というのが今回の趣旨でございます。

 

あー、ここまで来るのに長かった・・・前フリが長くてごめん・・・

(参考URL:ウィキペディア「こどもの日」「端午の節句」

べこもち

材料は黒砂糖と上新粉(もち粉入り)と砂糖

べこもち耳たぶ位の固さになるまでお湯を調節しつつ、こねくりまわすのだ!

べこもち黒糖をお湯で溶かして

 

べこもちこねた上新粉を半分にわけて、残り半分に溶かした黒糖を混ぜてこねる!

べこもち蒸し器で20分ぐらい蒸して準備は完了

 

べこもち

用意するのは牛さんのクッキー型

べこもち

あーでもないこーでもないとこねくりまわして、こうなりましたとさ

べこもち

これが本当のべこもち!?

べこもち

誰がどー見たってこれはホルスタインでしょう!

お菓子作りは楽しい

べこもち

この歳でクッキー型を自ら購入する日が来ようとは・・・でも、お菓子作りは楽しいね。今度、クッキーでも作ろうかしら、うふ。

 

あえて、ここに書きますが北海道で端午の節句に食べる「べこもち」は牛の形はしていませんのであしからず。

 

このページのトップへ戻る