記事一覧へ

「若鶏半身揚げ ななせ」の肉汁溢れる、半身揚げを食べてみたよ。★★★

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

「半身揚げ」とは鶏1羽の半分をまるごと揚げた、から揚げのことで、小樽「なると」という店が有名だ。

 

特徴としては塩、調味料で下味をつけて、衣をつけずそのまま揚げるということ。新潟県にも同じような「半羽揚げ」というから揚げが存在するが、こちらは衣にカレー粉を使っている。

 

札幌市内にも数年前に半身揚げブームがきてテイクアウト専門店が何軒か誕生した。一時期、テレビでも色々な店を紹介していたような気がする。

 

初めて食べたのは、2年前くらいかな。近所にテイクアウト専門店があったので試しに購入して食べてみたら、これがうまい!パリパリの皮とほんのり塩で下味がつけられた、シンプルだけれども、鶏肉本来の美味さを堪能できる「半身揚げ」にハマった。

 

そして現在。

 

から揚げの記事を書いている途中でこの「半身揚げ」も記事にしよう!と思いたち、札幌市西区にある「若鶏半身揚げ ななせ」へ取材してきたよ。(営業時間は平日16:00~21:00/土曜日・日曜日11:30~21:00)

地下鉄東西線琴似駅より徒歩7分

札幌市西区二十四軒4条6丁目2-30

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介地下鉄東西線琴似駅5番出口を出て左へてくてく数分
札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介数分歩くと「マリー薬局」が見えるので、脇の道へ入り、てくてく・・・
札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介まっすぐ進んでいくと・・・
札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介右手に赤い看板が!到着!

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

揚げたてをいただきました。ジュワワワ~~~~

半身揚げ 850円

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

↑の画像を指でこすると揚げたてのこうばしい香りが・・・そんな時代が来たらいいよね

揚げたては食欲をそそる香りがMAX!!

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

見事なキツネ色。見るからにパリパリな皮目

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

しっとり、ジューシー、絶妙に味付けされています

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

豪快に手でちぎりながら無言でむさぼるのが半身揚げの正しい食べ方

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

こんな感じに皮がパリッパリッなわけですよ

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

レモンは最初からかけてもいいし、味の変化をつけるために途中でかけるのもよし

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

ささみもこうばしくてうまうまー

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

かなり大きめな半身なんだけど「あっ」という間に完食!

無我夢中で食べてしまった・・・

札幌市西区「若鶏半身揚げ ななせ」の半身揚げ、から揚げの紹介

いやぁ、美味かった!

 

近所にあったテイクアウト店、すすきのの半身揚げが美味しいと評判の居酒屋の半身揚げよりも正直、美味しかった。

 

店主にお聞きした美味さの秘密は以下の通り。

 

まず1つ目。「鶏肉の美味しさ」岩手県産近郊の冷凍ではなく生を使用しているので、冷めても鶏独特の臭みがなく美味しい。ということは?当然、揚げたては言わずもガーナ。

 

2つ目。「味付けの美味しさ」塩とその他調味料でつけられた下味加減が絶妙。しっかりと味はついているが、絶妙な加減で万人受けする味、年配のお客さんも多いというのもうなずける。「下味加減」っていう表現合ってる?

 

そして最後3つ目。「くどくない」こちらのお店の半身揚げは大きめなので、これを一人で食べるとなるとかなりのボリュームがある。かかわらず、あっという間に完食したわけだが、最後までくどさは一切感じることはなかった。腹にもたれるという感じもない。店主に聞いたところ、独自にブレンドした油を使っているそうだ。

 

半身揚げはなんといっても、むね肉、ささみ、もも肉、手羽とそれぞれ異なる味わいの部位を1度に楽しめることができます。

 

結果、食べる手が止まりません。さらに!美味しさ3つの理由が加わって食べ進めるスピードは加速していき「あっ」という間に完食。

 

実は今回「若鶏半身揚げ ななせ」へ取材した目的は半身揚げだけではなくもう一つある。

 

この記事を書く過程で「から揚げの聖地」される大分県中津市のから揚げの存在を知ったんだけど、聖地のから揚げってどんな味がするか興味そそられません?

 

それが!「若鶏半身揚げ ななせ」でも販売してるんですね~

 

知床産の鶏もも肉ではなく、むね肉を使用し道産子の舌に合うようにアレンジを加えたという「大分県中津市風から揚げ」は店主が大分県を訪れた際に食べた、から揚げに感動したことがきっかけで誕生したという、ななせオリジナルから揚げ。

 

大分県中津市のから揚げを食べたことがないので、比較は当然できないけど一言で表現するなら・・・・・・・・・

 

「今まで食べたことのないから揚げ」

 

ニンニクが効いているんだけど、ただのニンニク味ではない、自分が今まで食べたことのないから揚げと表現してもいいぐらいなんだ。え?大袈裟?いやいや、本当にただのから揚げじゃないのよ、深いのよ。そこには何かがあるのよ。

 

むね肉なのでヘルシーだし、パサパサ感はなくて、とてもしっとり。淡白なむね肉と味付けの組み合わせが最強。1個に対して、ご飯2杯はいけるね。ビールも3杯はいけるよ。

 

「今まで食べたことのないから揚げ」の画像はスペースの都合上、こちらで見ることができます。

 

小上がりスペースがあるので、揚げたてすぐの熱々で最高に美味い状態の半身揚げを味わうことができます。半身揚げにはビールでしょ?はい、ビールあります。半身揚げとビールの組み合わせ最強です。

 

半身揚げ単品のお値段は850円。山盛りのフライドポテトが付く「ななちゃんパック」は1000円。「7」が付く日はサービスデーで100円引きになります。

 

大分県中津市風から揚げは4個250円から。

 

通販も可能なので「北海道自慢の半身揚げを食べてみたいぞー!」という方はこちらからどうぞ。オーブン180℃で5~7分ほど温めれば皮パリパリ、肉汁じゅわ~の半身揚げを堪能いただけますぞ。

 

(取材協力:若鶏半身揚げ ななせ)お問い合わせは011-621-5988

このページのトップへ戻る