記事一覧へ

タモリさんレシピのカレーがなまら美味いということで早速作ってみましたよ。

わたくし男にしては料理はする方だとは思うんだけど調味料などの分量は目分量というかかなり適当でいままで料理を作ってまいりました。

ですが今回はご安心を!しっかりレシピに書かれていた通りの作り方、分量を守って作りましたのでこのページの最後の完成品画像は限りなく「タモリさんのカレー」に近いということをここでお約束いたします。「おいおい本当か?」とお疑いになられた方、グーグルの画像検索で「タモリ カレー」で他の方が作ったカレー写真と比較してみてください。同じだよ。

今回は公式レシピ通りに作ってみました(ワインなど若干の分量の適当さはあったけど・・・)皆さんも1回はまずこのレシピ通りに作ってみて、2回目は各家庭でアレンジしてみてください。例えば、マンゴーチャツネの代わりにマーマーレード使うとか。鶏肉の代わりに牛肉使うとか。

 

タモリさんのカレー

カレーの匂いってむしょーに食欲を腹の底から呼び起こすよね。↑は煮込み途中の匂いに辛抱たまらん状態になったのでつまみぐいの図。

 

 

さあ、もうちょいで出来上がりますよ。

タモリさんのカレー

タモリさんカレーにはかかせないマッシュポテトを作っていきます。

タモリさんのカレー

茹でたら熱々のうちに皮をむいて、カレー粉少々、塩少々、牛乳少々をいれてマッシュマッシュ

タモリさんのカレー

タモリさんのカレー

しゃばしゃばはだめ。じっくり煮込んでいくのが重要!

タモリさんのカレー

すっかり鶏肉がほろほろに崩れてこのような状態に・・・これがいいのよ。で、盛り合わせて実食!

タモリさんのカレー

ご飯、マッシュポテト、ルーを盛れば後は全部ぐっちゃぐっちゃに混ぜてたべるたけ(食べる前に全部混ぜて食べるのはタモリ流でレシピにもちゃんと書かれている「タモリさんカレー」の正式な食べ方)

 

うわわわわわ!!なまらああああああうんまあああああいいいいっっっ!!!&反省点

タモリさんのカレー↑要約すると「うわっ!なまらうまい!」である。

いや、記事のオチ的に美味いカレーが出来上がらないとしまらないとかそんなこと関係なく、なまらうまいです。煮込んでほろほろに崩れた鶏肉から出た肉の旨味がじゅわ~とルー全体に染み渡っているしスパイスの深みが感じられるし、なんといっても「コク」がすごい。

トマトにはうまみ成分のグルタミン酸が含まれているし、鶏肉が加わって「旨味」は充分でしょ。後は途中で投入したスパイス、炒め玉葱、ヨーグルトで作ったペーストで「コク」と「マイルド」をプラスして、煮込んで水分をかなり飛ばすことで全体を凝縮させて、食べ方もともすれば濃いかな?という味をマイルドにさせるためにマッシュポテトと混ぜて食べるという計算しつくされた一皿。材料のシンプルさから正直、ここまで美味しくなるとは期待していませんでした。タモさんすげー

反省点としてはちょっと煮込みすぎたかな、どろどろ~がベストなんだけど自分の場合どろ~よりかは固形に近くなった感じ。まあそれでもなまらうまかったんだけどね。しゃばしゃばは絶対だーめー 皿傾けてもちょっとはそっとでは垂れてきませんぜ!ぐらいに煮込むべし!

⇒このカレーをちゃっちゃっと作れる女の子がいたら確実に惚れてまうやろー(前のページへ)(最初のページへ)

このページのトップへ戻る